【宮崎の町家風モダン|吉原建設株式会社|宮崎で設計、デザイン性が高く、インテリアコーディネートにもこだわった注文住宅の建築をご提案いたします。】

スタッフブログ
2022/08/20 | 

チャリコ・鯛子・シバダイ・バラ・カスゴ etc.

今年も毎年通り暑い夏を迎えていますが、いかがお過ごしでしょうか?

私は休みと言えば『釣り』、車で市内から1時間程で油津港に毎週のように釣りに行っております。

お仕事柄、平日にお休みを頂く形となるので人混みになることなく、ライバルがいない状態での釣りを楽しむ事が出来ます。

釣りは好きで毎週の様に行っているのですが、自分の仕掛けや釣り方、釣り道具を見られる事が恥ずかしくて、上手い人が少ない平日の釣りは、素人には楽しみやすい日となっています。(釣り好きの方なら共感して頂けそうな気がします)

 

良く海を見ていると大きな魚が足元には見えてはいるのですが、見えている魚程釣れないと言われる様に撒き餌のみを食べられて終わってしまいます。

その中で唯一ちょっと嬉しかったのが、真鯛の子供が釣れた事でした。おそらく去年産まれた幼魚だとは思うのですが、ちょっとウィキペディアで調べてみました。

 

スズキ目スズキ亜目タイ科に分類される魚類で、日本では『鯛』、2月~8月頃に浅い沿岸域に移動し生後1年程で15cm程に成長し、2年~3年で浅瀬を離れて深場に移動する。寿命は20年~40年程度と見られ、全長120cm達する比較的大型の魚となっていました。

、、、、、120cmΣ(゜∀゜ノ)ノキャー!! 60cmや70cmでも魚拓やYouTuberでしか見たことないサイズなのに、夢があるサイズです。まぁ、、、、そんなに大きなサイズのやり取りが出来る竿もリールも持って無いのですが、、、、

だから釣りは夢を持って釣りに行き、現実をみて帰ります。

 

 

自分が釣ったサイズは15cm程のチャリコ(関西周辺での呼び方、宮崎だと鯛子とかシバダイと呼ばれるのかな?)を2匹と、ベラなどを釣って現実と共に家路に付きました。

ちゃんと大きくなって僕に釣れて食べられてくれよとリリースしております。

 

今度は誰も居ない平日に誰もいない離島に行ってまいります。

コロナも落ち着かず、いつどこから感染してもおかしくない状況になってしまっていますが、皆様も安全に趣味を楽しんで下さい。